見る・遊ぶ 暮らす・働く

夕張市で「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018」 今春公開以降の映画も

昨年の会場の様子

昨年の会場の様子

  •  

 夕張の合宿の宿ひまわり(夕張市鹿の谷山手町、TEL 0123-52-3824)や夕張市内会場で3月15日から、「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018」が開催される。

 同イベントは、1990年から開催。今年で28回目を迎える映画人・観客・市民が三位一体となったアットホームな映画祭。

[広告]

 2018年春以降に一般公開される国内外の注目作や話題作がいち早く上映されるほか、若手映画作家を発見・発掘するためのコンペティションを実施。ゆうばり映画祭特有のエンターテインメント性あふれる個性的な作品が数多く上映される。

 作品には、オープニング招待作品の「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」をはじめ、「ダンガル きっと、つよくなる」や、「モリーズ・ゲーム」、「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」などさまざまなジャンルの映画を用意。

 このほか、ゆうばり映画祭らしい雪のイベントも予定しており、毎年市民団体が中心となって開催している雪上バーベキュー「ストーブ・パーティー」も開催される。

 開催時間は11時~20時(日により異なる)。入場料は、オープニング券(開会式セレモニー&オープニング作品)=1,500円、ゆうばりファンタパスポート(オープニング作品及びクロージング作品、パーティーを除く全ての作品が鑑賞可能なチケット)=3,000円。3月19日まで。

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…