見る・遊ぶ

札幌・JRタワーで特別企画「そらのポスト」 地上160mで待つ初日の出も

展示室に設置した「そらのポスト」

展示室に設置した「そらのポスト」

  •  
  •  

 JRタワー展望室T38(札幌市中央区北5西2)で現在、年末年始特別企画「そらのポスト~1年後の自分へ~」が行われている。

ショップで絵はがきを選ぶ親子連れ

 展示室内にあるショップ「T’SHOP」で、絵はがきとJRタワーオリジナル切手セットを購入し、1年後の自分へ届けたいメッセージを記入し、ショップ前に設置している「そらのポスト」に投函(とうかん)すると、2020年元旦に届く同サービス。ポストは期間限定で設置する。

[広告]

 絵はがきは、JRタワーの外観、JR札幌駅の外観、展望室からの日中の眺望や夜景のほか、JRタワーを背景にした北海道大学のポプラ並木などの写真タイプ13種類(はがき+切手1セット200円)、トウモロコシの皮を素材に使ったはがきにイラストを描いたタイプ8種類(同260円)を用意する。

 同館では12月31日、入場料金のみで参加できるカウントダウンイベント「そらの年越し」を開催する。「鍵盤男子」をゲストに迎えたスペシャルライブのほか、スパークリングワインの振る舞い(25時まで)を行う。1月1日は初日の出イベント「そらの初日の出」を行う。地上160メートルの展望室から初日の出が上がる瞬間を待つことができる。同日、FMノースウェーブの公開生放送も行う(6時~8時。17時まで)。

 入場料金は、大人=720円、中高生=500円、小学生・幼児=300円、営業時間は10時~23時(最終入場22時30分)。ポスト設置は1月6日まで。

  • はてなブックマークに追加

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…