買う

大丸札幌店で九州・門司港発祥アンティークイベント 北海道初上陸

「アンティーキング in サッポロ」の会場の様子

「アンティーキング in サッポロ」の会場の様子

  •  

 大丸札幌店(札幌市中央区北5西4)7階催事場で9月12日から、九州・門司港発祥のアンティークイベント「アンティーキング in サッポロ」が開催されている。

アンティークショップをイメージした装飾

 2010年から門司港(福岡県北九州市)で年に1度開催されており、オープン前から行列ができるほどの人気イベントが北海道に初上陸した。会場では、全国から19店舗が出展。アメリカを中心に直接買い付けた建材や建具などの内装品や家具、1920年代から1980年代のアメリカの古着や小物、アクセサリー、アート作品などをそろえる。

[広告]

 イベントを主催するアーリーバードの大津祥彦さんは「地震後の影響を受け、会場づくり、荷物の輸送、交通網の乱れなど、開催までさまざまな諸問題をクリアしなければ実現できない状況だった。出展者それぞれがこの企画を実現したいという思いと、札幌の方々に自分たちの表現を通じて、少しでも元気になっていただきたいと考え、予定通り開催を決断した。少しでも今後の復興に向けてのきっかけになれば」と話す。

 開催時間は10時~20時(最終日は18時まで)。

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…