食べる 買う

札幌大丸店に「ドミニクアンセルベーカリー」限定店 新感覚スイーツに注目高まる

注文を受けてから目の前で冷たいフレッシュミルクを注ぐ「クッキーショット」

注文を受けてから目の前で冷たいフレッシュミルクを注ぐ「クッキーショット」

  •  
  •  

 大丸札幌店(札幌市中央区北5条西4)に現在、ニューヨーク発スイーツ専門店「ドミニクアンセルベーカリー」が期間限定出店している。

毎日多くの人が訪れる期間限定店の様子

 米ニューヨーク、英ロンドン、東京に店舗を持つ同店。オーナーシェフのドミニク・アンセルさんは、フランスとニューヨークのデザートをアレンジしクロワッサンとドーナツを融合させたハイブリッドスイーツ「クロナッツ」など、新感覚のスイーツを生み出している注目のパティシエ。2017年には、グルメ界のアカデミー賞とも賞される英国の飲食専門誌「レストランマガジン」が選ぶ「世界のベストレストラン50」で、優秀なパティシエに贈られる「The World’s Best Pastry Chef Award」を獲得した。

[広告]

 店内では、しっとりしたショットグラス型のチョコレートチップクッキーに、バニラ風味の冷たいフレッシュミルクを注ぐ「クッキーショット」(イートイン=561円、テークアウト=777円)、「期間限定フレーバー クッキーショット スニッカードゥードゥルwith ストロベリーミルク」(イートイン=594円、テークアウト=810円)を販売するほか、「ドミニクアンセルベーカリー オモテサンドウ」で提供している、ホットチョコレートや抹茶ラテの上にマシュマロで咲く花を表現した「花咲くホットチョコレート」「花咲く抹茶ラテ」(以上、626円)も販売する。

 同店マネジャーの望月信幸さんは「札幌では多い日はイートインだけでクッキーショットが300食、テークアウトも含めるともっと売れている。表参道店で平日200食、週末300食売れているので、札幌の注目度が高いことを毎日体感している」と話す。

 営業時間は10時~20時(1月25日~31日、2月6日~14日は20時30分まで)。2月14日まで。

  • はてなブックマークに追加

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…