天気予報

25

16

みん経トピックス

札幌駅前通に新しい結婚式場札幌にフラワーカーペット

札幌プリンスホテルで「タイ料理賞味会」 タイ大手ホテルシェフが調理

札幌プリンスホテルで「タイ料理賞味会」 タイ大手ホテルシェフが調理

「トムヤムクンスープ」の調理実演を行うシェフ

写真を拡大 地図を拡大

 札幌プリンスホテル(札幌市中央区南2西11、TEL 011-241-1111)28階・フランス料理「トリアノン」で6月23日から、「五感で味わうタイ料理賞味会」が始まった。

デュシットホテルズグループ」のシェフが腕を振るう

 調理は2015年2月にプリンスホテルとマーケティングアライアンス契約を結んでいるタイの大手ホテルグループ「デュシットインターナショナル」のシェフが担当する。材料は、ほとんどタイから直輸入したものを使う。

 同ホテルがデュシットホテルズグループのシェフを招いてイベントを行うのは今回が初めて。今年11月に同グループのタイ・バンコクで、北海道の食材を使った日本料理のフェアを開催して提携を深めるなど、今後も日本文化をタイへ広める展開活動に力を入れていくという。

 22日に開催されたマスコミ向け試食会で、同社執行役員・北海道エリア統括総支配人の望月潔さんは「期間中は札幌プリンスホテルだけでなく道内5ホテルでタイ料理フェアを展開する。引き続きジャパンコンテンツの双方向の輸出入を民間企業間で行っていきたい」とあいさつした。

 ランチコースはすでに満席。ディナーコースは「ロブスター入りココナッツミルクスープ(トム・カー・クン・マンゴーン)」「魚料理(プラー・ヌン・マナーオ)」「炒め料理(パット・プロッコリー・ナムマンホイ)」「マサマンカレー」など6品とデザート4種類を提供する。会場ではタイの伝統楽器「キム」の演奏を行い、タイの雰囲気を盛り上げる。

 ディナーの提供時間は17時30分~22時。料金はランチ=5,000円、1万5000円。要予約。今月25日まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…

アクセスランキング