昨年の駅弁コンテスト夏グランプリ「涼茶漬け」が弁菜亭に再登場

昨年のヒット商品で、今回5,000食限定で販売している「涼茶漬け&3色SUSHI+1」(950円)

昨年のヒット商品で、今回5,000食限定で販売している「涼茶漬け&3色SUSHI+1」(950円)

  •  

 弁当専門店「弁菜亭」を運営する札幌駅立売商会(札幌市東区北8東2)は6月20日より、昨年行われた「北海道の新・駅弁コンテスト」で夏のグランプリに選ばれた「涼茶漬け&3色SUSHI+1」を5,000食限定で販売している。

 同弁当は、「冷やし茶漬け」というこれまでにないユニークな発想が話題を呼び、昨年6月11日~9月9日の発売期間中に1日平均約150食、計12,750食を販売。当初の計画で見込んでいた1万食を大幅に超え、ヒット商品となった。販売員の話では、「また買いに来た」「この間食べたらおいしかった」など他の弁当に比べてリピーターが多かったという。現場の意向をはじめ、「今までにないジャンルの中で非常においしいものに仕上がった」(同社の洲崎昭光さん)という自負もあり、昨年秋から夏の定番化が検討され、今回の再販が決まった。

[広告]

 弁当は、クリスタルのようなカットが施された涼しげな透明のプラスチック容器に海鮮3色寿司と冷やし茶漬けの2段構成。昆布茶ベースに北海道の魚醤やオイスターソースなどさまざまな調味料をブレンドしたオリジナルのだし汁が特徴。価格は950円。JR札幌駅構内の弁菜亭で販売している。

 須崎さんは「来年は、新たなパッケージで中身も作り替え、(涼茶漬けの)第2弾も検討している」と話し、夏限定の定番化を目指す。

札幌駅立売商会駅弁でサミット応援(札幌経済新聞)JR北海道、新・駅弁コンテスト冬グランプリに「スイーツ」風(札幌経済新聞)北海道の新・駅弁コンテスト夏グランプリに「涼茶漬け」(札幌経済新聞)SLの汽笛が鳴る駅弁「SL弁当」(松本経済新聞)

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…