食べる

札幌のアスティ45で「ハシゴ酒祭り」-館内6店で各60分飲み放題

「第2回ハシゴ酒祭り」が開催される「ASTY45」

「第2回ハシゴ酒祭り」が開催される「ASTY45」

  •  

 札幌の複合ビル「ASTY(アスティ)45」(札幌市中央区北4条西5)内の飲食店6店舗で10月12日・13日、「第2回ハシゴ酒祭り」が開催される。

「ハシゴ酒祭り」事務局代表の佐藤さんが経営する「焼肉レストラン プライム」

 同ビルと札幌駅周辺の活性化を目的に企画された同イベント。昨年9月に開催した第1回には、主に仕事帰りの男性サラリーマンが参加。「40~50代の方が後輩の若い方を連れてくる姿も目立った」と同事務局代表の佐藤さん。期間中、参加店はほぼ満席状態で、中には1年で最も売り上げが立った店もあったという。

[広告]

 第2回は、前回の参加者からの開催要望があったことや、参加店からの反響も高かったことから実現。参加店舗は昨年よりも増え、6店舗が参加する。参加者は、6店で使えるフリーパスチケットを購入。各店60分ずつの飲み放題が付いているが、店ごとに用意するフードメニューの注文が必要。チケットは2日間有効で、両日6店ずつ訪れれば最大12時間飲み放題となる。

 参加店舗とフードメニューは以下の通り。「焼肉レストラン プライム」=「佐藤の牛たん」(1,050円)、「千房-CHIBO-」=各種お好み焼き・焼きそば(720円~)、「炭火串焼 串屋」=串焼き4種盛り(650円)、「四季の彩り 串揚げ倶楽部」=「ハシゴ酒セットメニューA皿」(串揚げ5本、1,000円)・「同B皿」(同8本、1,200円)、「鮨 いなづ」=「本日のおすすめ4点盛り」(950円)、「魚活鮮とあぶり焼 海へ」=「北海道産活帆立のバター醤油焼き」(680円)。

 現在のチケット販売状況は、昨年よりも女性客の反応が良いという。「アスティ45の名前そのものは札幌市民にも広く知られているが、具体的にどんな施設や飲食店があるのかまではあまり知られていなかった。入りにくいイメージの店もあるため、『興味はあるが行ったことがなかった』という潜在ニーズもあるのでは」と佐藤さん。

 同イベント参加店も含めたアスティ45の各店舗では、東日本大震災被災地の募金箱も設置。集まった募金は、佐藤さんの友人でもある元プロサッカー選手「ミスターコンサドーレ」曽田雄志さんが実行委員長を務める「EN project Japan(エンプロジェクトジャパン)」の活動に役立てる。

 「今回の震災で深刻な被害を受けた南三陸町は私の故郷。しかし札幌が活性化しなければ、他の地域を助けることもできない。まずは身近なところから盛り上げていくことが大切」と佐藤さん。「来年春ごろには、飲食店だけでなくアスティ45内の物販店も含めた祭りの開催を企画している。アスティ45から広がり、札幌駅周辺を巻き込んで街全体を盛り上げていきたい」と意気込みを見せる。

 開催は両日17時~。閉店時間は各店で異なる。チケットは、前売り=3,000円、当日=3,500円。限定300枚。各店で販売する。問い合わせは同事務局(TEL 011-205-6689)まで。

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…