暮らす・働く

「さっぽろ雪まつり」市民雪像制作募集、締め切り迫る

昨年の市民雪像制作の様子

昨年の市民雪像制作の様子

  •  
  •  

 札幌の冬の人気イベント「さっぽろ雪まつり」の市民雪像制作の募集が11月16日、始まった。

 次回で64回目を迎える同祭。毎年道内外から200万人以上が来場する札幌の冬の風物詩。目玉は北国ならではの、大量の雪を使った雪像展示。企業の作る大型の雪像のほか、一般市民の作る小型の雪像など100基以上の雪像が一堂に並ぶ。

[広告]

 一般市民の作る雪像展示は1965(昭和40)年・16回目から始まり、毎年応募を募るが、例年募集数を上回るため抽選会を行う。

 今年はメーン会場の大通公園(中央区)に97基、「つどーむ会場」(東区)に5基展示予定。

 募集締め切りは今月30日まで。募集要項などはホームページで確認できる。

  • はてなブックマークに追加

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…