天気予報

21

13

みん経トピックス

札幌のホテルが金箔恵方巻き札幌にかまくらアート空間

札幌の文具店オリジナルグッズが観光客に人気 一時品切れも

札幌の文具店オリジナルグッズが観光客に人気 一時品切れも

道庁赤れんがにちなんだオリジナルデザイン

写真を拡大 地図を拡大

 札幌駅近くの商業施設・赤れんがテラス1階にある文具・雑貨のセレクトショップ「Futura(フーチュラ)・赤れんがテラス店」(札幌市中央区北2西4、TEL 011-233-5507)が販売しているオリジナルグッズが観光客の人気を集めている。

北海道らしい絵はがきも店内に並ぶ

 オリジナルグッズは、同店のすぐ近くにある札幌の観光名所「旧北海道道庁の赤れんが庁舎」と同店で取り扱う文房具をモチーフにした綿素材の生地を使ったティッシュケース(400円)、巾着袋(450円)、ハンカチ(500円)、手拭い(800円)、文庫カバー(1,000円)、がまぐち財布(1,000円)、眼鏡ケース(1,500円)、トートバッグ(1,000円)の8種類。

 2014年8月に同施設がオープンした際に同店もオープンしたが、旧道庁近くにあるロケーションのため同店を訪れる客から限定グッズのリクエストの声が相次ぎ開発に着手。デザインは同店スタッフが担当した。当初はプロのデザイナーに依頼する予定だったが、たまたまそのスタッフがデザイン学校に通っていたため声を掛けたという。

 昨年のゴールデンウイークごろから1種類ずつグッズを完成させ、夏ごろまでに全種類がそろった。ハンカチやティッシュケースなど手頃な価格のものから売れ始め、年末には一時在庫がなくなったという。

 オリジナルグッズは同店だけの限定販売だが、デザインが好評だったため有料の包装用ギフトバックを新たに作成。全国にあるFuturaパセオ店(札幌市)、ペリエ海浜幕張店(千葉県)、天神地下街店(福岡県)でも取り扱うようになった。

 店長の柴田さんは「当店らしい遊び心があるデザインで綿100%の生地は使い心地もいい。ザンギやカニめし、サケのちゃんちゃん焼など北海道の料理レシピの絵はがきとオリジナルグッズをセットで購入していく観光客も多い。文房具以外にも季節に合わせた雑貨や本やコーヒーも置いているので近く来たら立ち寄ってほしい」と来店を呼び掛ける。

 営業時間は10時~21時。定休日は赤れんがテラスに準じる。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

ひょうたんは実にひょうげた形をしている。そのひょうげた形から漏れてくる明かりが心を穏やかにしてくれる。
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…

アクセスランキング