天気予報

21

13

みん経トピックス

すすきのカキ専門店1周年札幌でカンボジア伝統舞踊

札幌でゆうばり国際ファンタスティック映画祭作品発表 90作品が一堂に

札幌でゆうばり国際ファンタスティック映画祭作品発表 90作品が一堂に

ラインアップ記者会見に臨む実行委員ら

写真を拡大 地図を拡大

 夕張市で2月に開催される「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2016」のラインアップ作品記者会見が1月12日、札幌市内で行われた。

 招待作品をはじめ学生クリエーターなど若手作品や「マニア必見」の作品など、5部門で約90作品が発表された。

 今回の招待作品は劇場公開前の8作品。オープニング作品は夢枕獏さん原作・岡田潤一さん主演の「エヴェレスト 神々の山嶺(いただき)」、クロージング作品はレオナルド・ディカプリオさん主演の「レヴェナント:蘇(よみがえ)りし者」。そのほか、ディズニー/ピクサーの長編16作目となる「アーロと少年」、天使すぎるアイドルとして話題の橋本環奈さん映画初主演の「セーラー服と機関銃 -卒業-」など。1981(昭和56)年公開・薬師丸ひろ子さん主演作品も同作品35周年を記念して特別上映される。

 ファンタスティック・オフシアター・コンペティション部門のノミネート作品は、応募数471作品の中から選ばれた9作品。プログラミング・ディレクターの塩田時敏さん(映画評論家)は「あぶない刑事シリーズを手掛けた柏原寛司審査委員長(脚本家・監督)がハードボイルドに造詣が深いため、ハードボイルド作品も入っている」と話す。

 今年からスタートする新たな試みとして設けられたのが「『フォービデンゾーン』マメゾウピクチャーズPresents」。「フォービデンゾーン」とは18禁という意味で、メディアの自主規制の枠を外したアダルトな作品を上映する。AV女優の紗倉まなさんのトークショーも予定する。

 同映画祭は今期で26回目。今年は夕張市の財政破綻から10年の節目となり、新部門や「ゆうばり映画祭サポーターズクラブ」の設立など新たな試みを盛り込み、同映画祭の成長につなげる。鈴木直道夕張市長は「これからも夕張の宝を継続し、世界で一番楽しい映画祭にしたい」と力を込める。

 開催期間は2月25日~29日。会場はゆうばりホテルシューパロほか夕張市内の各施設。期間中の来場者は1万4000人を超える見込み。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

ひょうたんは実にひょうげた形をしている。そのひょうげた形から漏れてくる明かりが心を穏やかにしてくれる。
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…

アクセスランキング