食べる 買う 暮らす・働く

札幌「パセオ」がグランドオープン-ショップやレストランなど198店舗そろう

3期リニューアルで開業したイースト地下1階

3期リニューアルで開業したイースト地下1階

  •  
  •  

 札幌・JRタワー内の商業施設「paseo(パセオ)」(札幌市北区北6西2)が11月12日、全3期のリニューアルを終えてグランドオープンを迎えた。運営は札幌駅総合開発(中央区北5西2)。

グランドオープンで開業したイースト1階の「JILL by JILL STUART」

 JRタワー内の1階と地下に広がる同施設。1990年の開業以来最大規模の改装となる。昨年6月から工事を始め、今年4月に1期、9月に2期オープンし、部分的に開業を続けながら、今回の最終改装を終えて館内198店舗が全面オープンした。「リニューアル前の従来の利用客ニーズを引き継ぎながら、一日のトータルライフスタイルを提案できるようファッション、雑貨、飲食店、生活品などの新店舗を取り入れるとともに、従来の店舗でもリニューアルを行い内容の充実を図った」と同施設運営担当者。ファッションを中心としたF1層や若者向けコンテンツを拡充させたという。

[広告]

 施設内は、ウエスト、イースト各1階とその地下、センター地下1階の計5エリアに別れる。ウエスト1階では、地元客や観光客が札幌駅西改札口の利便性の向上を図るための「ニュースタイルコンビニエンス」、同地下1階では、利用客のニーズに合わせ業種業態を充実させたレストラン街「バラエティーダイニング」、センター地下1階では、OLからヤングミセスまでの幅広い年代の女性に向けたトレンド、ライフスタイルに合わせた「スタイリッシュデーリーライフ」、イースト1階では、20代OLをターゲットにした「トレンドワークスタイル」、同地下1階では、10代後半~20代前半向けのトレンドファッションを展開する「ヤングトレンドモード」と各エリアごとに新たにコンセプトを設けた。

 当日はオープン前から行列でにぎわい「今まで北海道には無かったブランドのショップがたくさんあるので買い物の楽しみが増えた」「買い物もできるし食事する場所も集まっているので何かと便利。新しい店もたくさんあるので楽しみ」などと、期待を寄せた買い物客らが駆け付けた。

 同担当者は「1期から2期のリニューアルにかけ売り上げは3割ほど上がった。今後も集客の向上に期待するとともに、以前よりも楽しみや快適さを提供できる場所になれば」と話す。

 営業時間は10時~21時(ダイニングフロアは22時まで)。

  • はてなブックマークに追加

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…