見る・遊ぶ 暮らす・働く

札幌初の「屋外サウナ」イベント 観光回復に向けて「サウナの街サっぽろ」を目指す

テントサウナ(イメージ)

テントサウナ(イメージ)

  • 43

  •  

 「札幌市内観光地活性化 屋外サウナ実証事業」が11月5日、さっぽろ創世スクエア(札幌市中央区北1西1)で始まる。第1弾。第2弾も11月23日、さっぽろテレビ塔(札幌市中央区大通西1)で始まる。

バレルサウナ(イメージ)

[広告]

 同事業を企画した札幌商工会議所は、コロナ禍で落ち込んだ経済と観光を回復させようと、新たなアクティビティ・観光資源として昨今注目の高まっている「屋外サウナ」に着目。札幌のさまざまな観光コンテンツを連動させ、イベントを通して観光業など幅広い業界・分野への経済的波及効果を目指す。

 同イベントのテーマは、「サウナの街サっぽろ」を。秋季と冬季に日程を設定する。第1弾のさっぽろ創世スクエア会場では、「テントサウナ」や、道南スギを使った樽型の「バレルサウナ」を屋上に設置。札幌の夜景と共にサウナが楽しめる。第2弾のさっぽろテレビ塔では、本格的サウナが車内で楽しめる「キャンピングサウナバス」も登場する。

 併せて、札幌市内の夜景観光スポット割引券の配布や中心部飲食店、タクシー業界などと連携したクーポン券も発行する。イベント参加者の市内中心部周遊促進を図る。 

 札幌商工会議所の井浦寛弘さんは「新型コロナウイルスの影響で傷ついた経済の回復に向けて、そして札幌の観光復興に繋がる新たなコンテンツとして、地域を盛り上げる明るいニュースになればうれしい。ぜひ、極上のサウナを極上のロケーションで楽しんでほしい」と呼び掛ける。

 チケット料金は1人1時間あたり1,000円。開催期間は、第1弾=11月5日~11月8日、第2弾=11月23日~28日。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース