見る・遊ぶ 暮らす・働く

札幌の観光施設や飲食店を3Dバーチャル化 店舗を歩くような感覚で探索

360度どんな角度でも見渡せる

360度どんな角度でも見渡せる

  • 14

  •  

 札幌商工会議所は5月、3Dバーチャルツアー体験コンテンツ「Sapporo Virtual Street(サッポロ・バーチャル・ストリート)」をインターネット上に開設した。

[広告]

 札幌市内の飲食店や土産物店、観光施設などを3D画像で紹介する同コンテンツ。新型コロナウイルス感染拡大で我慢が強いられている中、市内店舗の魅力発信や、新型コロナウイルス感染症終息後の集客増加を狙い、支援プロジェクトとして作成した。

 スマートフォンやパソコンでバーチャルで再現された店舗の外観や内部を見渡すことができ、実際に店内を歩くような感覚で自由に探索できる。店舗からのメッセージや動画による案内なども閲覧できる。テーブルや椅子、通路幅など、店内スペース全ての寸法を測ることができる測定モードも備わっている。

 登録店舗側では、お薦め商品の紹介やサイト内での予約受け付け、オンラインショッピングなども設定できるという。同プロジェクトは現在、参加施設、店舗の募集を行っている。

 札幌商工会議所の井浦寛弘さんは「今後の観光振興につながる新しいコンテンツを体験してみてほしい」と呼び掛ける。

ピックアップ

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース