見る・遊ぶ

札幌で生まれ育った漫画家・三原順さんの原画展 北海道初

グッズ©三原順/白泉社

グッズ©三原順/白泉社

  • 127

  •  

 「三原順の世界展~生涯と復活の軌跡~」が7月22日から、札幌市民交流プラザ(札幌市中央区北1西1)1階SCARTSコートで開催される。

会場の札幌市民交流プラザ

[広告]

 札幌で生まれ育った漫画家・三原順の没後25年に合わせて、約150点の原画を紹介する。

 三原は、42年の短い生涯の中で数多くの鮮烈な作品を描き続けた。代表作は、「花とゆめ」誌で連載された「はみだしっ子」シリーズ。同作は、没後も全作品が文庫で出版され、画集も発行されるなど、現在もその魅力が多くの人に支持されている。

 同展では、三原の幼少期から未完の遺作までの主な作品や没後の軌跡を、年代に沿って紹介する。展示作品の中には、今回初となる子どもの頃の絵や作文も公開される。このほか会場では、「多くのマンガ家を輩出している北海道に、漫画美術館があるべきでは?」というテーマの展示や、「三原順の世界展」オリジナルの図録、グッズ、画集「三原順 All Color Works」なども販売する。

 広報担当者は「札幌での三原順さんの原画展が夢だったので、無事に開催されるよう願っている」と話す。

 開館時間は10時~19時。休館日は、7月28日、8月12日。入場無料。8月15日まで。

ピックアップ

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース