見る・遊ぶ

札幌百合が原公園で春の洋ラン展 愛好家が丹精込めて育てた洋ランを展示

過去展示会大賞作品

過去展示会大賞作品

  • 3

  •  

 「春の洋ラン展~豪華絢爛!愛好家によるランの展示~」が現在、百合が原緑のセンター(札幌市北区百合が原公園)大温室で開催されている。

展示会場の様子

[広告]

 今回で31回目を迎える同展は、洋ランの愛好家である「北海道蘭友会」のメンバーが、丹精込めて育てた珠玉の洋ランを展示する。会場では「洋ランの女王」と呼ばれるカトレアやコチョウラン、デンドロビウムやパフィオペディラムなど、さまざまな洋ランが一堂に並び、豪華さと優美なたたずまいの洋ランを間近で見ることができる。このほか会場では、入門に適した花苗の販売も行う。3月6日には育て方の講習会も開催する(講習会は要事前申し込み)。

 展示会担当者は「愛好家の方が丹精込めて育てたランをご覧いただけるチャンス。透明感のある花色は、映像や写真で見るよりも直接ご覧になることをお勧めする。またそれぞれの花が醸し出す香りも楽しんでいただきたい。大変短い期間の展示会となるが、ぜひ百合が原緑のセンターへお越しいただければ」と呼び掛ける。

 開催時間は8時45分~17時15分(最終日は15時まで)。料金は、高校生以上=130円、中学生以下、65歳以上、障害者手帳の提示などで無料。3月7日まで。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース