見る・遊ぶ

札幌・百合が原緑のセンターで「市民ラン展」 丹精込めて育てられたランを展示

パフィオペディラム

パフィオペディラム

  • 10

  •  

 「市民ラン展~市民参加のランの展示会~」が1月19日から、百合が原緑のセンター小温室(札幌市北区百合が原公園210)で開催される。

[広告]

 今年で第14回を迎える同展は、「多くの人に名作の数々を楽しんでもらおう」がモットー。会場では、ランの愛好家団体「札幌オーキッド・ユウ・アーク」の会員によるランの展示を中心に、家庭で育てられたランを展示する。一般参加者からの出展作品は1月17日まで受け付けている。

 ランは冬場にかけて開花や見頃を迎えるものが多く、彩りやその花姿だけでなく、香りも楽しむことができるという。会場では、丹精込めて育て上げられたランが並び、展示会をきっかけに自宅でもランを栽培してもらえるよう、販売コーナーを設ける。

 担当者は「この展示会は、洋ランを愛好する人々が丹精込めて育てた作品を、来場者に観賞していただく展示会。冬は屋内に閉じこもりがちになるが、鮮やかなランを観賞しに公園に来て、気持ちを明るく盛り上げていただきたい」と話す。

 開催時間は8時45分~17時15分(最終日は15時まで)。今月24日まで。観覧料は、高校生以上=130円、中学生以下・65歳以上無料。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース