見る・遊ぶ

サッポロファクトリーで「鬼滅の刃」全集中展開催 鬼と鬼殺隊の戦いの歴史を体験

© 吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

© 吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

  • 9

  •  

 人気作品「鬼滅の刃」(吾峠呼世晴さん原作)の展覧会「TVアニメ『鬼滅の刃』全集中展」が10月17日から、サッポロファクトリー(札幌市中央区北2東4)3条館3階で開催される。

 同展は、テレビアニメ「鬼滅の刃」竈門炭治郎 立志編の振り返りと、2020年劇場版「鬼滅の刃」無限列車編へと続く内容で、鬼殺隊の新人隊士となって、テレビアニメ「鬼滅の刃」にまつわる映像・制作資料などを通じ、鬼と鬼殺隊の戦いの歴史を追体験できるイベント。

[広告]

 藤で囲まれた幻想的な空間が広がる山の様子を再現した「エントランス~藤襲山」や、鬼殺隊の組織図や日輪刀などが展示される「鬼殺隊本部」、スマートフォンを使って「全集中・常中」を訓練する「特別訓練」、等身大の鬼たちと無限城を部分的に再現した「鬼の間」などさまざまなコーナーを展開する。

 各巡回展では新規描き下ろしのご当地イラストによる限定グッズを販売。北海道会場では、登場人物の竈門炭治郎、竈門禰豆子、我妻善逸、嘴平伊之助、煉獄杏寿郎の5人がラベンダー畑などの北海道の名所・名物と共に描かれたグッズを取りそろえる。

 担当者は「さまざまな展示のほかにご自身のスマートフォンを使用して炭治郎たちの仲間として一緒に訓練をするコーナーも。ぜひ、鬼滅の刃の世界を体感してほしい」と話す。

 開催時間は10時~19時30分(最終入場18時30分)。料金は、一般=1,500円(前売り1,300円)、高校生=900円(同800円)、中学生=700円(同600円)、小学生=500円(同400円)、グッズ付き入場券=3,000円(同2,800円)。11月8日まで。

Stay at Home

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…