食べる 学ぶ・知る

センチュリーロイヤルホテルが新冠町とコラボ ブランドピーマン試食会

会場の様子

会場の様子

  • 47

  •  

 センチュリーロイヤルホテル(札幌市中央区北5西5)で10月12日、新冠町のピーマンを使った料理の試食会が行われた。

食べ比べの様子

 同イベントは同ホテルと同町のコラボによるもの。両者は2018(平成30)年から連携事業を実施しており、毎年レストランフェアやロビー展などを開催してきた。当日は新冠町のブランドピーマン「にいかっぷピーマン」の生産者が参加者に「にいかっぷピーマン」の魅力を紹介するとともに、にいかっぷピーマンを使用した、「ピーマン尽くしコース」を提供した。

[広告]

 新冠町は1984(昭和59)年、水稲転作に伴う補完作物として生産農家2軒からピーマンの栽培を開始。現在は47軒の生産農家がにいかっぷピーマンを生産しており、生産量は約2020トンと北海道一。北海道内のピーマンの約56%を生産する。また、馬産地として知られており、ハイセイコーやナリタブライアンなど多くの名馬の産地でもある。

 同町が栽培する「にいかっぷピーマン」の品種は「みおぎ」に統一されており、生産農家は持続性の高い農業生産方式を採用している農家に与えられるエコファーマー認証を受けている。今年6月には「にいかっぷピーマン」が地域団体商標を取得した。

 冒頭に新冠町町長の鳴海修司さんは「ピーマンは子どもの大嫌いな野菜の一つ。センチュリーロイヤルホテルの総調理長がピーマンをどのように変身させてくれるのか楽しみにしている。心ゆくまで『にいかっぷピーマン』を味わってほしい」とあいさつ。その後、にいかっぷピーマンの生産農家の佐々木碧さんが講師を務め、にいかっぷピーマンの栽培方法などを紹介した。

 試食会はまず、生と加熱した白・黒ピーマンの味の違いを楽しむことからスタート。会場からは「調味料がいらないほど、しっかりとした味わい」といった声が上がった。その後は同ホテルの総調理長・金子厚さんが監修したコース料理7品が振る舞われた。

Stay at Home

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…