3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

札幌発担担麺専門店「175°DENO担担麺」のカップ麺販売へ ファミマで数量限定

メニューの一例

メニューの一例

  • 258

  •  

 全国のファミリーマートで5月12日、札幌の担担麺専門店「175°DENO担担麺(ひゃくななじゅうごどでのタンタンメン)」(札幌市中央区南1西6)のカップ麺の販売が始まった。

 中国四川省成都や日本の有名ラーメン店を食べ歩き、担担麺に通じるさまざまな業態の店で修業したというDENOミツヒロ社長が2013(平成25)年に創業した同社。四川料理の技術と日本のラーメン製法を融合させたという担担麺は、現在札幌を拠点に東京、新潟など全国に12店舗を展開している。

[広告]

 第3弾となるカップ麺は第1弾に続き「汁なし担担麺」。「175°DENO担担麺」が監修し、明星食品が製造を手掛けた。ラー油、練りごまを合わせた濃厚ダレに花椒(ホアジャオ)、赤トウガラシを混ぜ、同店の担担麺の特徴である「痺(しび)れ・香り・辛味」を再現したという。今回の第3弾は好みの辛さに調節できる「唐辛子パック」が付属し、好みの辛さに調節できる。

 DENOさんは「第3弾目のカップ麺販売。当店の『痺れ』を味わってほしい」と呼び掛ける。

 価格は248円(税込)。数量限定販売商品。

Stay at Home

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…