食べる

イーストンと175°DENO担担麺コラボ 「奇跡の北海道コラボ鍋」提供

旨辛担担鍋(奇跡の北海道コラボ)

旨辛担担鍋(奇跡の北海道コラボ)

  •  
  •  

 イタリアンや焼き鳥などの飲食店を経営するイーストン(札幌市北区北12西3)は11月1日、175°DENO(デノ)担担麺(同市中央区南1条西6)とのコラボメニューの提供を始めた。

 コラボメニューを提供するのは、イーストンが運営するいただきコッコちゃんの焼き鳥業態。イーストンは北海道、仙台、首都圏で北海道イタリアン、北海道焼き鳥を中心に現在全国で42店舗を運営し、焼き鳥業態は15店舗。175°DENO担担麺は四川料理の技術と日本のラーメン製法を融合させたという担担麺を提供し、現在札幌を拠点に東京、新潟など全国12店舗を展開している。

[広告]

 コラボメニューは2種類用意。一つは「『奇跡の北海道コラボ』175°DENO担担麺×いただきコッコちゃん」で、「旨(うま)辛担担鍋(1~2人前)」(980円)。辛さは「しびれない」「しびれる」と「すごくしびれる」(100円増し)の3つから選べる。

 もう一つは、「175°DENO担担麺の175°辣(ラー)油、花椒(ファージャオ)を使った旨辛メニュー」として、175°DENO担担麺の175°辣油、花椒を使った旨辛メニューを提供。「凍れ!痺(しび)れ!!鶏皮揚げ」(390円)、「痺れきゅうり」(290円)、「コッコのよだれ鶏」(390円)を用意した。

 いずれのメニューも2020年1月31日まで提供する。

  • はてなブックマークに追加

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…