食べる 学ぶ・知る

札幌・清田に「175°DENO」旗艦店 カフェラウンジで花椒、ラー油の量り売りも

店舗外観

店舗外観

  •  
  •  

 札幌を中心に東京、新潟、福島に11店を展開する「175」(札幌市北区北7条西4)が8月6日、12店舗目となる「175°(ひゃくななじゅうごど)DENO担担麺LoungeHOKKAIDO」(清田区清田2条1)をオープンする。

ラー油をトッピングしたソフトクリーム

 175°DENO担担麺は「担々麺にとことんこだわったらどのようなものが生まれるのか?それを食べてみたい」という思いで、店主が四川省成都をはじめ日本の有名店を食べ歩き、担々麺に通じるさまざまな業態の繁盛店で修業し渡り歩いた末に作り上げた「集大成」だという。本格四川料理技術と日本のラーメン技術を融合させ、オリジナルの担々麺を提供する。

[広告]

 今回オープンする「175°DENO担担麺LoungeHOKKAIDO」は、175°DENO担担麺の提供に加え、コーヒーやソフトクリームなどを提供するカフェ機能を備えた。カフェでは担々麺との相性を考え中国から仕入れた中国茶「花咲く芸術tea」(600円)や、北海道砂川の「岩瀬牧場」のミルクを使った「ソフトクリーム」(380円)などを提供する。ソフトクリームにはラー油のトッピングもある。

 子どもへの食育プログラムの一環としてラーメンの湯切りを保護者と一緒に楽しめる「担担麺作り体験コーナー」やキッズスペース「トドラーズラウンジ」も設けた。店の担々麺の特徴である「花椒(ホアジャオ)」や「ラー油」の量り売りも行う。時間によってはラー油の製造工程も見られるという。

 店名について社長のデノミツヒロさんは「担々麺を通じて地元の人と来店客が集う憩いの場になれるようにLoungeと付けた」と話す。

 営業時間は11時~22時。

  • はてなブックマークに追加

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…