「米に戻ってきてほしい」-札幌の米穀店が直営「おむすび」専門店

札幌の米穀店「札米」直営のおむすび専門店「おむすびきゅうさん」

札幌の米穀店「札米」直営のおむすび専門店「おむすびきゅうさん」

  • 0

  •  

 米穀小売業を営む札米(札幌市東区北9東1)は10月7日、同社1階で運営する米店に隣接する形でおむすび専門店「おむすびきゅうさん」(TEL 011-788-2221)をオープンする。

 1920年創業の同社は2001年、本社ビル1階に契約農家直送玄米を顧客の好みに応じて精米、量り売りする米穀店「米家きゅうさん札米」をオープン。産地や生産者の顔写真、名前、栽培方法などの生産履歴を表記し、顧客の目の前で精米することで、「顔の見える」米店として地域住民から人気を集めている。近年の米離れの問題から「米のおいしさを再認識してもらい、米に戻ってきてほしい」(同社)と、同店の米を使ったおむすび専門店の開業を決めた。

[広告]

 店舗面積は約6坪。店内は、木を基調に和風をイメージし、5席を備えたイートインスペースを設けた。「作り手の顔が見えるように」と、厨房はガラス張りで店内外から作っている姿が一望できる。

 米は、ふっくらとした北海道米「ふっくりんこ」とモチモチした食感の宮城産「たきたて」をブレンド。「地産地消」を目指し、食材はなるべく道産のものを使う。メニューは、「おかか」「うめ」「こんぶ」(各130円)などの定番をはじめ、葉唐辛子の佃煮「はとうがらし」(130円)、国産霜降り牛を生姜と甘だれで煮込んだ「牛むすび」(220円)など19種類を用意。おむすびはすべて、注文を受けてから握る。

 そのほか、米油で揚げた「鳥のから揚げ」や「きんぴらごぼう」などの総菜や、同米穀店のもち米を使っただんご(100円~120円)、山形県産「でわのもち」と十勝産の小豆をせいろで蒸し、小豆の煮汁で着色した赤飯なども。

 同店担当者は「最近はいろいろな問題で騒がれ、日本人の米離れも進んでいるが、生産者たちは真剣に米を作っている。ご飯のおいしさを改めて確認してもらいたい」と話す。将来的には配達サービスも検討しているという。

 営業時間は10時~19時。水曜定休。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース