見る・遊ぶ

新札幌サンピアザ水族館で夜営業 真っ暗な水族館内で魚の生態観察

前回の開催の様子

前回の開催の様子

  •  
  •  

 サンピアザ水族館(札幌市厚別区厚別中央2、TEL 011-890-2455)で8月2日から、「まっくら・ナイトウォッチング」が開催される。

 水族館の通常営業終了後に再度開館し、真っ暗な水族館内を巡る企画。懐中電灯を手に夜の魚の生態を観察する。

[広告]

 昼間は活発に動き回る魚も夜になると体色が暗い色に変化し、水槽の底でじっと動かなくなったり、昼間は動きが鈍い魚が夜になると活発に動いたりする様子が観察できる。魚はまぶたがなく、目を閉じることはできないが、サンゴの隙間や岩陰に隠れたり、ゆっくり泳ぎながら眠ったりする様子が見られる。

 担当者の平博之さんは「懐中電灯は貸し出しを行っているので、気軽に来館してほしい」と呼び掛ける。

 期間中の金曜~日曜と祝日に行う。開催時間は19時~20時。料金は、高校生以上=1,000円、子ども=400円、65歳以上=720円。8月18日まで。

  • はてなブックマークに追加

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…