見る・遊ぶ

札幌芸術の森で「謎解きシリーズ」第2弾 野外美術館舞台に謎を解く

広大な野外美術館

広大な野外美術館

  •  
  •  

 「謎解き野外美術館2 隠された庭の幻影」が7月27日から、札幌芸術の森(札幌市南区芸術の森2、TEL 011-592-5111)で開催される。

 同イベントは2018(平成30)年夏と2019(平成31)年春に開催し、好評を得た「謎解き野外美術館」シリーズの第2弾。野外美術館にちりばめられたヒントをもとに、館内を巡って問題を解き、クリアを目指す。野外美術館の彫刻作品や地形を利用した問題を解くことで、芸術文化などを学べるものとなっている。

[広告]

 難易度は3段階用意しており、小学生から謎解きファンまでさまざまな人が楽しめる。難易度が上がるごとにストーリーは進行していく。謎解き後の芸術鑑賞のサポートも行っており、学芸員が執筆する彫刻作品解説も配布される。

 担当者の大石琢也さんは「野外美術館にまだ来たことがない人でも気軽に芸術作品に触れ合えることを目的に、企画・制作したオリジナルイベント。74体の彫刻たちが暮らす幻想世界『隠された庭』で新たな問題とミステリアスなストーリー展開を楽しんでほしい」と話す。

 開催時間は9時45分~17時30分(最終入場は17時)。料金は、大人=700円、65歳以上=560円、中学生以下無料。8月25日まで。

  • はてなブックマークに追加

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…