暮らす・働く

北海道で震度6弱の地震 公共交通機関全面運休、生活に打撃

西区の状況を掲示板で伝える区役所職員ら

西区の状況を掲示板で伝える区役所職員ら

  •  

 9月6日3時8分頃、北海道の胆振地方中東部を震源として、最大震度6強の地震が発生した。地震発生後しばらくして停電し、一夜明けた朝も復旧していない状況。市内各所で、被害が確認されている。

停電のため1階店入り口で最低限の食糧を販売するスーパー

 停電の影響で、札幌市営地下鉄やJR北海道、バスなど全面的に運転を見合わせて(10時現在)おり、交差点では警官が出動し交通整理が行われている。札幌市内の市立学校(幼稚園、小学校、中学校、高校など)も全て臨時休校している状態。

[広告]

 西区役所(西区琴似)入り口には、避難所の状況や給水所の場所を示す情報などが掲示され、職員が対応に追われていた。

 早朝から、スーパーやコンビニなどに、食料品を求める長い列ができている。イオン札幌琴似店では、停電で暗い店内に入るのは危険があるため、1階入り口で、水、おにぎり、パンのみを販売していた。

 会社員の鈴木紀夫さんは「仕事はとりあえず自宅待機になった。取りあえず食料品を買いに来たが、いつ復旧するのか不安」と顔を曇らせる。

 札幌市広報部では、ツイッターで最新情報を発信している。

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…