食べる 見る・遊ぶ

札幌駅南口広場でサラリーマン交流型イベント「サラフェス」 スナックや立ち読み屋台も

札幌駅南口広場の大きなのれんゲートが目印

札幌駅南口広場の大きなのれんゲートが目印

  •  

 札幌駅南口イベント広場(札幌市中央区北5西3)で現在、サラリーマン交流型フードイベント「サラフェス」が開催されている。今回が初めての開催。

アウトドア会議ができるグランピングテント

 主催はサラフェス実行委員会。「働く男女を応援する」をテーマに、サラリーマン向けに楽しみながら食やお酒を楽しんもらおうと開く。フードブースや立ち飲みカウンター、アウトドア会議ができるグランピングテント、スナックの雰囲気を演出する真っ黒なテントの中に設置したスナック、ツボ押しグッズを集めたコーナー、自由に本を借りることができる立ち読みコーナーなど、サラリーマンを意識したユニークなスペースを用意する。

[広告]

 平日は日替わりイベントを用意し、「おひとりさま歓迎DAY」「会議の続きは外でしようDAY」「今日はめがね男子DAY」「スーツでキメようDAY」など、先着順ごとの特典も用意する。平日の開催時間を終電間近にするなど、会社勤めの人向けに配慮している。

 8月31日の初日には、グランピングテント内でお酒を楽しむグループ同士が名刺交換する姿も見られたという。

 開催時間は17時~23時(土曜・日曜は12時~20時、最終日は18時まで)。9月9日まで。

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…