食べる

札幌・琴似に「カレー屋 ようこそ」-道産素材にこだわり

「カレー屋 ようこそ」の店内

「カレー屋 ようこそ」の店内

  •  

 札幌・琴似神社近くに「カレー屋 ようこそ」(札幌市西区琴似1条7丁目、TEL 011-590-0230)がオープンし、3カ月が過ぎた。オープン日は昨年12月1日。

「カレー屋 ようこそ」の牛カレー

 店舗面積は12.5坪。席数は、カウンター3席、テーブル12席の計15席。店内は木を基調に落ち着いた内装で、レトロな装飾でノスタルジックな雰囲気に仕上げたという。「屯田制度で北海道の開拓が始まったのは琴似からという歴史もあったため、この場所に店を構えた」と店主の佐藤さん。

[広告]

道産素材にこだわるという同店。「牛は十勝牛100%、豚は留寿都産のもち豚、ニセコの『しあわせたまご』などを使う。地元で消費することで地元に還元したいと思った。北海道の素材は味も質も良いのでたくさんの人に食べてもらいたい」と佐藤さん。ルーの特徴は「濃厚辛口」で「牛のうま味を引き出したルーを作った」という。

 主なメニューは、牛カレーとトッピング2種、サイドメニューがついたセットの「どんぴしゃ」(1,000円)、牛カレー(780円)、「えびふりゃあカレー」「きのこカレー」(以上980円)、「カツカレー」「焼カレー」「なまらチーズカレー」(以上1,080円)、子ども用の「ちびっこカレー」(380円)、「わんぱくカレー」(580円)など。「ライスはおかわり自由なので空腹の人はもちろん、量をたくさん食べる人も満足してもらえるはず」

 「オープン以来、30代以上の男性やカップルが主な客層。週に何度も来店するリピーターも増えてきた」という。「気取らない店構えなので気軽に立ち寄ってもらいたい。オープンしてまだ間もないので、まずはたくさんの人に食べてもらいたい」

 営業時間は11時30分~21時。駐車場2台。

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…