札幌・石山通り近くにインドカレー&スープカレー店「カリー乃 五○堂」-道産食材にこだわり

「カリー乃 五○堂」の店内

「カリー乃 五○堂」の店内

  •  
  •  

 札幌・石山通り近くに9月1日、インドカレー&スープカレー店「カリー乃 五○堂」(札幌市中央区南8条西10、TEL 011-513-1550)がオープンした。

カリー乃 五○堂の「なすチーズチキンカリー」。「パルメザンチーズを使用することでカレーの旨みを引き出す。チキンもほぐれて柔らかく、あっさりと食べることができる」と話す店主の五十嵐さん

 店舗面積は約16坪。席数はカウンター9席、テーブル16席の全25席。店内は木を基調にし「癒やし」をイメージした空間に仕上げた。食材は、北海道・長沼町の契約農家から取り寄せた米や道産食材などにこだわるという。辛さは7段階から選択。ライスは50円追加すると雑穀米に変更できる。

[広告]

 インドカレーはトマトベースで酸味を利かせ、普通のインドカレーでは使わない牛肉を使うなどして「日本人が作るインドカレー」という切り口で調理したものを提供する。

 主なメニューは、「チキンカリー」(900円、サラダ付きランチ=800円)、「なすチキン」(1,000円、同=950円)、「なすチーズチキン」(1,200円、同=1,100円)、「ベジタブルカリー」(1,000円)、「北海道牛スネ肉」(1,200円)、「シーフード」(1,300円)、「お子さまセット」(500円)など。

 スープカレーはスープのベースを作るうえで余分な味となる「雑味」を無くし、口当たりが「あっさり・まろやか」になるように工夫を凝らしたという。スープの種類は「淡麗スープ」と「香味焙煎(ばいせん)スープ」から選ぶことができる。

 主なメニューは「チキンカリー」「納豆オクラ」(以上1,000円、サラダ付きランチ=950円)、「チキン野菜」(1,250円、同=1,150円)、創業大正14年の「畔田(くろだ)とうふ店」のよせ豆腐を使用した「とうふベジタブル」(1,150円)、「北海道牛スネ肉カリー」(1,250円)、「特選シーフード」(1,350円)、「お子さまセット」(600円)など。

 店主の五十嵐さんは「地域の方に愛され、来店してくれたお客さまに『くつろぎ』を与えられる店にしたい。メニューはもちろん、こだわって選んだ食材も味わっていただければ」と話す。

 営業時間は11時~16時、18時~22時(土曜・日曜・祝日は11時~22時)。木曜定休。

SmartNews Awards 2019

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…