見る・遊ぶ

札幌市公認のバーチャル空間 北3条広場を表現

仮想の「PARALLEL SAPPORO KITA3JO」

仮想の「PARALLEL SAPPORO KITA3JO」

  • 11

  •  

 大日本印刷(DNP)は、札幌市の中心部でエリアマネジメント活動を展開する札幌駅前通まちづくり会社と連携し、札幌市公認仮想(バーチャル)空間「PARALLEL SAPPORO KITA3JO(パラレル サッポロ キタサンジョウ)」を4月26日に開設した。

バーチャル空間の「北海道・札幌マラソンフェスティバル 2021」のイメージ図

 同空間は、新型コロナウイルス禍で各種イベントの自粛・中止などが相次ぐ中、札幌市街の良好な環境や地域の価値を維持・向上させる新しいエリアマネジメントを実現していくため、今回、札幌市の協力の下、開発された。

[広告]

 同空間では、現実の札幌市北3条広場が高精細に表現され、利用者は自身の分身となるキャラクター(アバター)を選んで、空間内を自由に散策できる。同時参加しているユーザー同士が音声で会話できるほか、この空間で撮影した写真や動画をSNSで共有することも可能。空間内では、同時に複数のイベントや展示会、パブリックビューイングなどを開催することもでき、今後は企業などに出店を呼び掛け、物産展などのイベントを企画する。

 5月5日に開催される「北海道・札幌マラソンフェスティバル2021」では、バーチャル空間で有力選手による前日会見や、入賞者会見の中継などがリアル空間と並行して観戦できる予定。中継は、今年8月に札幌市で行われる予定の東京オリンピックのマラソンのテストイベントを兼ねて行うという。このほか、東京五輪の各パートナー企業が仮想空間にブースを出展し、各社の取り組みなどを展示する。参加無料で、パソコンやスマートフォン、VRデバイスで体験が可能。

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース