食べる

センチュリーロイヤルホテルが阿寒町フェア レイクロブスターやエゾシカ肉などPR

「ロンド」で提供される森と湖のランチ「阿寒」(1人3,800円)

「ロンド」で提供される森と湖のランチ「阿寒」(1人3,800円)

  • 48

  •  

 阿寒町の食材を使った限定料理を提供するレストランフェア「森と湖のまち・阿寒町フェア」を5月1日から、センチュリーロイヤルホテル(札幌市中央区北5西5)が開催する。同町との連携は今回が初。

 阿寒町は北海道東部の釧路支庁管内にあった旧町名で、現在は釧路市の北部を占める地域。森と湖と火山、温泉に彩られた阿寒摩周国立公園を有し、同公園の森の中にある阿寒湖は、マリモが生息する湖として知られている。ニジマス、イトウ、ワカサギ、ザリガニなど多くの魚種が生息する。

[広告]

 同フェアは23階スカイレストラン「ロンド」、19階日本料理「北乃路」、2階ユーヨーテラス サッポロで開催。阿寒湖の高級食材として近年注目されている「レイクロブスター(ウチダザリガニ)」をはじめ、ニジマス、ワカサギ、エゾシカ肉、阿寒ポーク、モルト牛などを使った限定ランチやディナーやマリモをイメージしたカクテルなどを提供する。

 同ホテル2階ロビーでは、阿寒湖に在住する地元の彫刻家が前田一歩園財団の阿寒湖の森の間伐材を生かした木彫展も開催する。

 総調理長の金子厚さんは「お薦めは、阿寒湖産のレイクロブスター。美食大国フランスでは『エクルビス』と呼ばれ、ロブスターと並ぶ高級食材として扱われている。北海道では、阿寒湖と塘路湖のみ漁業権を得て捕獲している。湖の冷たい水で育つため身が詰まり、大きなツメはワタリガニをも凌ぐ甘さ。頭部のみそと生クリームと合わせたソースは海老のような風味。ぜひこの機会に阿寒の味を楽しんでほしい」と話す。

 来月31日まで。

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース