見る・遊ぶ

サッポロファクトリーで「40周年記念 ピングー展」 貴重な資料400点展示

「40周年記念 ピングー展」©2021 JOKER

「40周年記念 ピングー展」©2021 JOKER

  • 47

  •  

 ピングーの魅力が詰まった初の本格的な展覧会「ピングー展」が4月23日から、サッポロファクトリー(札幌市中央区北2東4)3条館3階で開催される。

 「ピングー」は1980(昭和55)年にスイスで生まれたペンギンのアニメーションキャラクター。同展は40周年を記念し、2020年8月東京会場(松屋銀座)より巡回を開始した。

[広告]

 アニメーション作家オットマー・グットマンさんの資料に加え、当時スイスのスタジオで使われた本物のクレイ人形やジオラマ、フィルム、日本初公開の原画や絵コンテなど、「ピングー」制作の貴重な資料約400点を一堂に展示する。

 このほか、当時ピングースタジオで活躍された唯一の日本人アニメーター甲藤征史さんへの取材記録を基に、初めて語られるピングーのエピソードも公開。併せて、日本で2017(平成29)年に制作された3DCGアニメーション「ピングーinザ・シティ」より、イベントオリジナル映像など新しい「ピングー」の世界を体験できるコンテンツも用意。

 営業時間は10時~19時30分(最終入場は19時、5月10日以降の平日は13時~)。料金は一般・大学生=1,200円(前売り1,000円)、中高生=900円(同700円)、小学生=600円(同400円)。前売り券は4月22日までチケットぴあで販売。会期は5月30日まで。

ピックアップ

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース