食べる 見る・遊ぶ

札幌・定山渓温泉で期間限定シャトルバス 5つの紅葉スポットに

鮮やかに染まる紅葉の様子

鮮やかに染まる紅葉の様子

  • 8

  •  

 国立公園に指定され、紅葉名所である定山渓温泉(札幌市南区)の5つの紅葉スポットにシャトルバスを運行する「五大紅葉」が10月1日から開催される。

 豊かな自然に恵まれた定山渓温泉は、札幌中心部から1時間足らずで気軽に訪ねられることから、「札幌の湯の杜」として人気を集めている。周囲の山々は国立公園に指定されており、雄大な大自然が広がる。紅葉の見頃時期には秋色に染まった色鮮やかな景色が一望できる。

[広告]

 シャトルバスは、定山渓温泉エリア、豊平峡ダム、札幌国際スキー場、定山渓ファーム、八剣山エリアに向けてそれぞれ運行。スポットによってはアイヌ文化交流センターや農家直売店なども立ち寄り、秋の新鮮な果物なども購入できる。

 定山渓の知られざる絶景紅葉スポットを地元ガイドが案内する「紅葉かっぱバス」や、温泉街よりひと足早い紅葉を空中散歩で楽しめ、山頂からは石狩湾まで望む大パノラマの絶景が望める札幌国際スキー場の「紅葉ゴンドラ」など、紅葉を楽しめる。

 バス発着場である定山渓観光案内所の営業時間が開催時間。日によってバスの運行が異なる。各シャトルバスの定員は、新型コロナウイルス感染症防止対策のため、通常より半分の定員となる。料金は有料でエリアによって異なる。

Stay at Home

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…