見る・遊ぶ 学ぶ・知る

札幌市円山動物園のホッキョクグマに「長寿祝いケーキ」 ホテルシェフがケーキ作り

デナリの食事の様子

デナリの食事の様子

  • 2

  •  

 札幌市円山動物園(札幌市中央区宮ケ丘3)で旧敬老の日の9月15日、ホッキョクグマの長寿を祝う「お祝いケーキ」が進呈された。

生クリームで作った「祝26thデナリ」のメッセージ

 会場となったホッキョクグマ館では14時からケーキの贈呈式が行われた。多くの家族連れが見守る中、ホッキョクグマの「デナリ」がケーキを味わう姿が見られた。

[広告]

 デナリは1993(平成5)年11月9日、アメリカ合衆国ユタ州ソルトレイクシティ・ホーグル動物園で誕生。26歳のおじいちゃんクマで1995(平成7)年5月から同園で暮らしている。

 プレゼントしたケーキの土台は、ペースト状にした馬肉2.5キロ。その上にブドウ、ブルーベリー、スイカ、パイナップル、リンゴ、ニンジン、白菜などをトッピング。ケーキの横には生クリームで「祝26thデナリ」のメッセージを添えた。馬肉はデナリの好物だという。ブルーベリーとスイカは南幌町から、ニンジンはJAいしかりから今回の敬老の日イベントのために同園に寄贈された。

 ケーキを担当したセンチュリーロイヤルホテル(同北5西5)の金子厚総調理長は「ご長寿動物のためにケーキを作るのは5回目。今年もおいしく食べてもらった。いつまでも長生きしてほしい」と話す。

 当日は高齢のニホンザルやチンパンジー、カバにも特別メニューが用意された。

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…