3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

センチュリーロイヤルホテルで「国産果物のおいしさ」PR 新メニュー提供

試食の様子

試食の様子

  • 11

  •  

 「センチュリーロイヤルホテル」(札幌市中央区北5西5)内の各レストランが8月7日から期間限定で、メロンやマンゴーを使った新メニューの提供を始めた。

センチュリーロイヤルホテルで「国産果物のおいしさ」PR 新メニュー提供

 農林水産省の「野菜・果実販売促進緊急対策事業を受託した青果物健康推進協会が同ホテルに事業への参加と新規メニューの開発を依頼したのがきっかけ。新型コロナウイルス感染症拡大でインバウンド減少、輸出の停滞などの影響を受けている一部国産果実の需要喚起と、「国産果物のおいしさ」をPRすることを目的としている。

[広告]

 提供する新メニューはいずれも国産のマスクメロンとマンゴーを用いた冷製パスタやデザート、パワーサラダなど全6品。

 6日には同事業の受託団体の近藤卓志事務局長と金高有里顧問が来店し、新メニューを試食。2人は「フルーツの持つ甘味と酸味を、素材の持つ塩味とうま味で引き出している冷製パスタや、たくさんの食感と共に五感で味わえる前菜、パワーサラダはフルーツの概念を見直すきっかけになると思う。それぞれの果実のジューシーさと彩りを生かしたデザートは食べ始めから後味まで楽しめ、必食の一皿。国産果物の魅力を届けるとともに、国民の皆さまがより健康になっていただけることを願っている」と話した。

 新メニューを監修した同ホテル総調理長の金子厚さんは「新型コロナウイルス感染拡大に伴い、各方面に影響が出ている中、生産者と消費者の懸け橋となり、多くの方に国産メロンと国産マンゴーを使った新メニューを楽しんでもらいたい」と話す。

 朝食ビュッフェ、洋食、和食の3レストランで提供する。メロンとマンゴーが無くなり次第終了。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…