見る・遊ぶ 買う 暮らす・働く

民族共生象徴空間「ウポポイ」でグラスジュエリー 自然をイメージしハンドメード

販売するジュエリーのイメージ

販売するジュエリーのイメージ

  • 61

  •  

 7月12日に開業した「ウポポイ(民族共生象徴空間)」(白老町若草町2)の国立アイヌ民族博物館内のミュージアムショップで、ノースワン(千歳市柏台南1)限定デザインによるオリジナルグラスジュエリーの製作・販売を開始した。

 アイヌ文化の振興や普及啓発は、伝承者の減少、アイヌ語や伝統工芸など存立の危機にある分野の存在、いまだアイヌの歴史や文化などについて十分な理解が得られていないといった課題に直面している。こうした背景から2009(平成21)年7月、「アイヌ政策のあり方に関する有識者懇談会」(座長:内閣官房長官)において、民族共生象徴空間はアイヌの人々が先住民族であるとの認識に基づきアイヌ政策の「扇の要」として提言された。

[広告]

 ウポポイ(民族共生象徴空間)は、アイヌ文化を復興するための空間や施設であるだけではなく、日本の貴重な文化でありながら存立の危機にあるアイヌ文化を復興・発展させる拠点として、将来に向けて先住民族の尊厳も尊重し、差別のない多様で豊かな文化を持つ活力ある社会を築いていくための象徴として位置付けられている。

 アクセサリーやマスクなどを手掛ける同社が販売するのは、北海道の自然をイメージしたハンドメードのガラスアクセサリーブランド「NORTH ONE GLASS JEWELRY(ノースワングラスジュエリー)」。4種類のネックレスは形、色合いなど一つ一つ微妙に異なる美しさ。「CUP(太陽・月)」「RERA(風)」「WAKKA(水)」「UPAS(雪)」といった北海道の雄大な自然をイメージさせるネックレスで、普段使いしやすい色合いとデザインを目指したという。コードは長さ調整のできるコットン製。

  • はてなブックマークに追加

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…