見る・遊ぶ

札幌で「ホワイトイルミネーション」 初冬の札幌をイルミで彩る

大通3丁目の会場の様子

大通3丁目の会場の様子

  •  
  •  

 初冬の札幌を彩る風物詩「第39回さっぽろホワイトイルミネーション」が現在、大通公園や札幌駅前通などで開催されている。

 総電球数81万球の規模で行われる同イルミネーション。大通1丁目会場のテーマは「LOVE」とし、ハートがモチーフの「ラブ・ツリー」をはじめ、ハート型のフォトスポットオブジェを配置。3丁目会場では中央にライラックの花をモチーフにしたオブジェ「ブルーミング・ファウンテン」を設置した。4丁目会場はゴールドとブルーグリーンをテーマカラーとし、噴水を使ったオブジェ「スパークファウンテン」とダイヤモンドをモチーフにした「ジュエリーパレス」を設置する。このほか大通会場は5丁目、6丁目もそれぞれLEDで装飾した。

[広告]

 駅前通会場は札幌駅からすすきのまでの中央分離帯の立木をLEDで装飾。南一条通会場は南1条西1~3丁目間の南北歩道両脇の街路樹にLEDを装飾する。北3条広場(アカプラ)会場はイチョウ並木を光で演出。サウンドアーティスト大黒淳一さんによる音楽と光を連動させた演出も行う。このほか、札幌駅南口駅前広場会場も装飾を行っている。

 会期中、大通会場(1~4丁目)では1日3回(18時・19時・20時)、一度消灯し、毎正時に再点灯する「TWINKLE NIGHTS(ツインクルナイツ)」を行う。12月22日までの土曜・日曜・祝日は16時30分の点灯時、4丁目に設置した点灯スイッチを押してもらうカップルやグループを募集する。

 点灯時間は16時30分~22時(北3条広場は2月1日~11日=20時~24時、2月12日~=17時~22時。札幌駅南口駅前広場会場は17時~24時)。点灯期間は、大通会場=12月25日まで、駅前通会場=2020年2月11日まで、南一条通会場・北3条広場(アカプラ)会場・札幌駅南口駅前広場会場=3月15日まで。

  • はてなブックマークに追加

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…