食べる 見る・遊ぶ

札幌・大通公園で「ミュンヘン・クリスマス市」 ドイツ料理や雑貨の屋台並ぶ

会場はクリスマス一色

会場はクリスマス一色

  •  
  •  

 「第18回ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo」が11月22日から、大通公園2丁目で開催される。

 札幌とミュンヘンは1972(昭和47)年、それぞれ冬季・夏季オリンピック開催地に選ばれた。緯度や人口が似通っていることなど共通点が多く、交流も頻繁に行われていたことから、同年8月28日、姉妹都市提携を結んだ。

[広告]

 同イベントは2002(平成14)年、札幌とドイツ・ミュンヘン市が姉妹都市提携30周年を迎えたことをきっかけに開催されるようになった。ドイツ産ソーセージ、ローストアーモンドやホットワインなどのドイツ料理やクリスマス雑貨の屋台が並ぶ。

 札幌観光協会の吉川恭子さんは「会場には毎日サンタが登場し、毎週日曜にはプレゼント抽選会を行うほか、屋内・屋外のイベントを多数用意する」と話す。

 開催時間は11時~21時。12月25日まで。

  • はてなブックマークに追加

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…