見る・遊ぶ

札幌で愛好家ら「ラン」を展示 ランの育て方相談コーナーも

会場の様子

会場の様子

  •  

 洋ランが多数展示される「春の洋ラン展」が3月5日から、百合が原公園(札幌市北区百合が原公園、TEL 011-772-4722)緑のセンター中温室で開催される。

講習会の様子

 北海道蘭友会の会員が育てた洋ランを展示する同展。洋ランは鉢花の女王とも呼ばれ、色鮮やかで豪華な花、豊富な種類、甘い香りなどが魅力の花。同展では色とりどりの洋ランが多数展示される。

[広告]

 会場には洋ランの育て方を相談できるコーナーが開設されるほか、3月9日には講習会(有料・要申込・定員20人)も行われる。

 担当の佐々木博一さんは「春が近づき、花が待ち遠しくなる季節。会場に展示される洋ランはほとんど同じものが無く、いろいろなランを観ることができ、漂う花の香りを楽しむこともできる」と話す。

 開催時間は8時45分~17時15分。観覧料は高校生以上=130円、中学生以下65歳以上無料。3月10日まで。

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…