3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

札幌アピアに「上島珈琲店」-北海道初出店、限定「メロンミルク珈琲」も

店舗内観

店舗内観

  • 0

  •  

 JR札幌駅構内に5月24日、「上島珈琲店札幌アピア店」(札幌市中央区北5西3、TEL 011-209-1396)がオープンした。経営はユーシーシーフードサービスシステムズ(東京都港区)。

札幌店限定「メロンミルク珈琲」

 「古きよき日本の喫茶文化」「どこか懐かしい大人の喫茶店」などをコンセプトにしたセルフスタイルの喫茶業態。2003 年6 月、都内に1号店を開業以来、首都圏・京阪神を中心に出店を広げ、現在全国に約100 店舗展開。台湾などへの海外出店も果たした。

[広告]

 店舗面積は47.67坪。席数は85席。店内は暖色の照明をともし、1950~60年代風・レトロモダン調の内装に仕上げ、暖炉を配置して「北海道らしさ」も出したという。

 上島珈琲店では全店、一度抽出したコーヒーを新たなコーヒー粉でさらにろ過・抽出する「ダブルネルドリップ方式」のコーヒーを提供。2度目のろ過・抽出の際にコーヒー粉の粒子がフィルターの役割を果たし、コーヒー液の余分な雑味を吸着することで「濃厚かつクリアな味わいを楽しめる」(同社メニュー開発担当)という。

 ドリンクメニューは、「ブレンド」(340円~)、「黒糖ミルク珈琲」「無糖ミルク珈琲」「和三蜜ミルク紅茶」(以上350円~)、「豆乳ミルク珈琲(練乳入り)」(380円~)、「生キャラメルミルク珈琲」(420円~)、期間限定メニューなど。

 フードはサンドイッチをメーンに、「ミックスサンド」(単品=380円、ランチセット=780円)、「神戸デリカサンド スモークサーモン」(同=450円、同=850円)、「厚切りベーコンのクラブハウスサンド」(同=500円、同=900円)など。「店内手作りのメニュー。ミックスサンドもコンビニの商品から有名ホテルの一品まで並べて『何をもってミックスサンドなんだ?』と突き詰め、サンドする具や味わいを決めた」(同社販売担当)。

 そのほか札幌店限定メニューの「メロンミルク珈琲」(430 円~)、北海道産のゴーダチーズを使った「クロックムッシュ」(単品=360 円、セット=760円)、「小林牧場 さわやか牛乳ソフトクリーム」(350円)や単品のケーキメニュー、豆やコーヒーの物販などもラインアップする。商品はテークアウトできる。

 「出店から10年の節目に初の北海道出店。大人には懐かしく、若い層にはレトロ感を楽しめる空間、本格志向のコーヒーなど、上島珈琲店ならではの魅力を楽しんでいただければ」と同社の松橋徹社長。「北海道ならではの地産地消をコンセプトにしたオリジナルの限定メニューも味わってもらいたい」と話す。

 営業時間は7時30分~22時。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…