3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

ススキノにマジックバー「カオス」-マジシャンが開業、「びっくりショー」も

「カオス」店主のマジシャン、キドコウタロウさん

「カオス」店主のマジシャン、キドコウタロウさん

  • 0

  •  

 札幌・ススキノの社交会館に2月3日、マジックバー「CHAOS(カオス)」(札幌市中央区南5西2、TEL 090-6872-4605)がオープンした。

針を飲もうとするキドコウタロウさん

 店主のキドコウタロウさんは道内外で活躍するマジシャン。カジノディーラーがトランプを持つ姿に美しさや華やかさを感じたことをきっかけにマジシャンを志す。ロサンゼルス・ハリウッドのマジシャン専門の会員制クラブ「マジック・キャッスル」の審査に合格しマジシャンズメンバーにも選ばれる。

[広告]

 店舗面積は約6坪で、席数は12席。同店のテナントは「Gothic Bar -chaos-」として21時から営業しているが、営業前の空いている時間を利用し毎週金曜日のみマジックバーとして営業する。「デンジャラス」をテーマにマジックを披露する同店。「マジックといえば楽しかったり不思議と思ったりするのが基本。僕のマジックは見る人に恐怖と心配を与える」とキドコウタロウさん。

 主なマジックは、コインやカードのポピュラーなマジックや、針と糸を飲み口からつなげて出したり、ビール瓶を割って破片を飲み血を吐いて倒れる、小麦粉をパンに変える、バナナの中身だけをみじん切りにするなどのマジックのほか、「鼻からコーヒーを飲むなどの『びっくりショー』も用意する」という。

 「低価格でマジックを楽しんでもらえるので気軽に足を運んでもらえれば」とも。

 営業時間は18時~21時。チャージ500円。

Stay at Home

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…