プレスリリース

「地域に活力をもたらす新農業プロジェクト創出セミナー2019」開催

リリース発行企業:独立行政法人中小企業基盤整備機構

情報提供:


中小機構(独立行政法人中小企業基盤整備機構)北海道本部は、「スマート農商工連携促進事業」の一環として、農業の経営支援及び新事業創出支援のため、「地域に活力をもたらす新農業プロジェクト創出セミナー2019 ~農業を核として、地域で稼ぐ新たな産業の創出を!~」を開催します。

■農業を核とした新しい産業プロジェクトの創出を目指す
北海道において農業は、地域を維持していくうえで欠くことができない産業ですが、近年、農家数の減少や就業者の確保に課題を抱え、海外との競争、農業行政、気象問題、消費者ニーズ等、大きな変化の中にあります。このような中で、将来の北海道農業を強化していくためには、他の産業との連携や行政とも一体となって、地域に新たなプロジェクトの創出を図ることが非常に重要となっています。

本セミナーでは、北海道の農業が地域において果たす役割の重要性を再確認し、農業を核として地域に波及する新しい産業プロジェクトの創出に向けて、参考となる事例を掘り下げて検証します。そして、農業と企業・行政が連携した新しい「地域活性化プロジェクト」の創出の可能性について考えます。

■開催概要は以下のとおり
・名称:地域に活力をもたらす新農業プロジェクト創出セミナー2019
・主催:独立行政法人中小企業基盤整備機構 北海道本部
・日程:12月9日(月曜)14:00~17:20(17:30~交流会)
・場所:TKP札幌駅カンファレンスセンター2階 ルーム2B(北海道札幌市北区北7条西2丁目9番)
・定員:50名
・参加費:無料(参加任意の交流会は有料)
※カリキュラム等の詳細は添付資料(https://prtimes.jp/a/?f=d21609-20191018-5871.pdf)参照

<独立行政法人中小企業基盤整備機構(中小機構)>
中小機構は、日本の中小企業政策の総合的かつ中核的な実施機関として、全国の中小企業・小規模事業者への支援をトータルで行う経済産業省所管の独立行政法人です。生産性向上や事業承継など様々な課題を抱える中小企業に対して、販路開拓、海外展開、人材育成、事業引継ぎ、その他経営面での助言、情報提供、及び震災復興支援や共済制度、ファンドを通じた資金提供など多様な支援を実施しています。

  • はてなブックマークに追加

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…