見る・遊ぶ 暮らす・働く

札幌のホテルが館内共用部分を抗菌・抗ウイルス加工

抗ウイルス施工の作業の様子

抗ウイルス施工の作業の様子

  • 13

  •  

 センチュリーロイヤルホテル(札幌市中央区北5西5)が10月27日、客用エレベーターや朝食ビュッフェレストランのテーブル、椅子など共有部分に抗菌・抗ウイルス加工を実施した。

抗ウイルス施工済みステッカー(エスカレーター)

[広告]

 新型コロナウイルスの新規感染者数が減少し、旅行の割引やイベントの制限緩和など、年末に向けて宿泊客が多くなることが予想されることから、安心してホテルを利用してもらうために行った。同ホテルはこれまでも館内各所へのアルコール消毒液の設置や館内の定期的なアルコール消毒など、さまざまな新型コロナウイルス感染防止の対策を施してきた。

 今回行ったのは、メーカーによる試験でウイルスや細菌を不活性化させる効果が確認されている無光触媒「エコキメラ」の噴霧。効果の持続期間は約5年間という。施工が完了した場所には、抗ウイルス・抗菌施工済み証明書やステッカーを掲示している。

 桶川昌幸総支配人は「今回の抗ウイルス・抗菌施工は部分的であるが、スピード感を重視して実施することとした。目では見えないウイルスとの戦いだが、少しでも安心して過ごせるよう今後も感染症対策にしっかりと取り組んでいきたい」と話す。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース