「ドナルド・マクドナルド・ハウスさっぽろ」で開所式-国内6カ所目

  •  
  •  

 ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン(東京都新宿区、以下DMHC)は12月18日、ホスピタリティハウス「ドナルド・マクドナルド・ハウスさっぽろ」(札幌市手稲区金山1条1)の開所式を行った。

 DMHは、小児患者の付き添い家族が、病院近くに低料金で滞在でき、身体的、精神的負担の軽減を目的にする施設として、1974年にアメリカ・フィラデルフィアに第1号がオープンした。現在国内5カ所を含めて世界31カ国、284カ所で運営されている。

[広告]

 6カ所目となるDMHさっぽろは、1泊=1,000円(1人)の格安料金で滞在でき、道内でも最先端の小児治療技術を持つ唯一の小児専用病院「北海道立子ども総合医療・療育センター(以下コドモックル)」隣接地に開設された。

 コドモックルは、入院患者の約半分が札幌市外から訪れるものの、ホスピタリティハウスを備えていなかったことから、これまでは子どもの隣に簡易ベッドで付き添うか、院内の空き室やビジネスホテルなどを利用していた。「お子様にとって母親や家族は特別な存在で、病気になったからこそ一緒にいたいはず。子どもの側にいたくても、遠方から来られている方は経済的に難しく帰らなければいけない状況もあったが、これからはDMHを利用いただければ」と同病院センター長の工藤亨さん。

 開所式は、DMHC理事長の開原成充や高橋はるみ北海道知事など多くの関係者が出席した。ハンバーガーチェーン「マクドナルド」のイメージキャラクター「ドナルド」も登場し、クリスマスプレゼントにちなんだ余興でDMHのロゴを発表した。高橋知事はあいさつで、「DMHは入院している子どもたち、そして道民に対する最高のクリスマスプレゼント」と話した。

 運営は来年1月19日から開始。宿泊利用申し込みは同13日から受け付ける。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

ピックアップ

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…