暮らす・働く

札幌・ススキノラフィラ跡地、「(仮称)札幌すすきの駅前複合開発計画」着工

完成イメージ

完成イメージ

  • 191

  •  

 東急不動産(東京都渋谷区)、竹中工務店(大阪府大阪市)、イトーヨーカ堂(東京都千代田区)、アインファーマシーズ(札幌市)、キタデン(同)が7月2日、ススキノラフィラ跡地(札幌市中央区)の「(仮称)札幌すすきの駅前複合開発計画」の新築工事に着手した。

[広告]

 同計画は高さ約78メートル、地下2階、地上18階建てで、食品スーパーやコスメ&ドラッグストアなどの商業店舗、シネマコンプレックス、ホテルから成る大型複合施設。すすきのの玄関口だったススキノラフィラ跡地で「さまざまなコンテンツをフックにすすきのへの来街者層と来街時間を拡大することで、夜のにぎわいに加え、昼のにぎわい創出に寄与すること」を目指す。

 地下2階にはイトーヨーカ堂による食品スーパーマーケット、1階の一部にはアインファーマシーズによるコスメ&ドラッグストア、5階~7階にはTOHOシネマズ(東京都千代田区)によるシネマコンプレックス、7階~18階には東急ホテルズ(東京都渋谷区)によるホテルの入居を予定している。

 同計画の外観は、すすきの交差点から直接アプローチできる緑あふれる屋内外広場(2階~3階)や、低層商業施設部分だけでなく、閉鎖的になりがちな上層部にもアクセントとして取り入れたガラスカーテンウオールで、施設内のにぎわいを街中に表出させることを目指している。広告看板が街の象徴となっているすすきのの街並みを継承することを意図し、北側外壁面に大型ビルボードを設置する。

 札幌およびすすきのの街づくりへの貢献として、「日常的な憩いの場・集いの場となり、にぎわいを創出する屋内外広場」「街の回遊性と公共交通機関の乗り換え利便性が向上する屋内」「月寒通(国道36号)に面する屋内バス待合所」「同計画周辺店舗へ商品を搬入する配送業者が利用可能な共同荷さばきスペース」の整備を実施する。

 2023年秋開業予定。

ピックアップ

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース