暮らす・働く 学ぶ・知る

札幌で子育て中の母親向けイベント 11店が出店、雑貨販売やボディーケア

刺しゅうビーズアクセサリーを販売する「Cocokara」

刺しゅうビーズアクセサリーを販売する「Cocokara」

  • 47

  •  

 「HAPPY SUMMER MARKET」が7月15日、BUZZCAFE(札幌市中央区大通西25)で開催される。主催はmother’s spaceミーナ。

ポストカード販売をする「ありがとうの花束」

[広告]

 子育て中の母親に「セルフケア」について知ってもらおうと企画した同イベント。「楽しかった1日」で終わることなく、当日の出会いがきっかけになって、翌日からの日常生活に新しい視点を持てるようになることが、イベントの大きな目的という。同イベントは、2005(平成17)年から毎年行っており、今年で15周年を迎える。過去には最大66店が出店していたが、現在は奇数月に10店ほどが出店している。

 今回の出店数は11店。耳つぼ、フット・ハンドマッサージのボディーケア、カウンセリングセラピーやアナログゲームを紹介するブースも用意する。物販コーナーでは、ポストカード、洋服、雑貨、刺しゅうビーズアクセサリーなどを販売する。

 当日は、あこ天然酵母のパン・ハンバーグ・総菜の入ったランチボックスを入場時に提供。ランチボックスは、持ち帰りできる。このほか、今年1月にオープンした1階の「マルヤマベーカリーShian」のパンも店内で食べることができる。

 代表の菊地三奈さんは「イベント当日を楽しむのはもちろん、HAPPY MARKETには翌日からの子育ての毎日を楽しめるようなきっかけがたくさんあるので、赤ちゃんのママも、大きなお子さんのママも、単身でも、ハッピーを探しに遊びに来てほしい。新しい出会いによって日々の子育ての時間を心豊かに送ってもらえたら」と話す。

 開催時間は10時30分~16時。入場料は1,500円(ランチボックス付き)。

ピックアップ

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース