買う 暮らす・働く

札幌市内2店舗目となる「アリオ札幌ロフト」 1万7800アイテムそろえる

アリオ札幌ロフト 店舗イメージ

アリオ札幌ロフト 店舗イメージ

  • 31

  •  

 札幌市内2店舗目となる「アリオ札幌ロフト」が3月26日、アリオ札幌(札幌市東区北7東9)1階にオープンする。ロフトとしては国内135店舗目となる。

ビジュアルPOP

 道内で1店舗目となる「札幌ロフト」は、1997(平成9)年にオープンし、2010(平成22)年に札幌エスタに移転した。2000(平成12)年に「旭川ロフト」をオープンしたが、2016(平成28)年に閉店。「アリオ札幌ロフト」は道内2店舗目の出店となる。

[広告]

 営業面積は237坪(約782.8平方メートル)、ロフトで最も多く展開しているスタンダードな店舗規模となる。商品はトータルで約1万7800アイテムをそろえる。文具雑貨(8500SKU)、健康雑貨(5500SKU)、バラエティ雑貨(2000SKU)、生活雑貨(1,800SKU)の4領域で、市(旬)と蔵(定番)の商品で構成する。

 ロフト広報の田中寛子さんは「日頃よりご愛顧いただいている札幌ロフトのお客さまはもちろん、苗穂駅近隣の方々、厚別区や北区等広域のお客様にアリオ札幌ロフトを利用いただければ」と呼び掛ける。

 営業時間10時~21時。

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…