見る・遊ぶ

札幌・青少年科学館で「プラネタリウム祭り」 全5作品のプログラムを上映

年に一度のプラネタリウムの祭典

年に一度のプラネタリウムの祭典

  • 42

  •  

 「プラネタリウム祭り2020」が12月5日から、札幌市青少年科学館(札幌市厚別区厚別中央1)1階プラネタリウムで開催される。

さまざまな上映プログラムを用意

 同イベントは毎年開催されている人気イベント。小さな子ども向けのプラネタリウムや世界各地の星空が見られるプラネタリウムなど、さまざまなプログラムを投影する。

[広告]

 上映プログラムは全5作品。親子で楽しめる「キッズプラネ」や、変わった星座を紹介する「へんてこ星座めぐり」、世界各地の星空が見られる「プラネでGo To!世界旅行」、静かな空間でゆっくり見られる「静かな星空ヒーリング」、はやぶさ2の軌跡を迫力あるドーム映像で紹介する「はやぶさ2 旅の果てに」を投影する。

 担当の奥塚哲史さんは「世界の星空を巡る回や、ヒーリングプラネ、小さなお子様向けのキッズプラネなど特別プログラムを企画。普段あまりプラネタリウムに来ないという方にもお越しいただければ」と話す。

 開催時間は、9時30分~16時30分。開催日は12月5日、6日、12日、13日。料金は各回大人=500円、中学生以下無料。当日9時30分から観覧券・整理券を発券する。発券は各投影回の開始5分前まで。新型コロナウイルス感染症の拡大状況により、イベント内容の変更や中止をする可能性がある。

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…