見る・遊ぶ

札幌エスタで「きかんしゃトーマス展」 原画約180点を展示

札幌駅開業140周年/原作出版75周年

札幌駅開業140周年/原作出版75周年

  • 19

  •  

 札幌エスタ(札幌市中央区北5西2)11階プラニスホールで10月31日から、「札幌駅開業140周年/原作出版75周年 きかんしゃトーマス展 ソドー島のなかまたちが教えてくれたこと」が開催される。

 同展はイギリスから貴重な原画約180点が来日し展示するほか、アニメーション作品で使われたプロップスの展示、展覧会限定のオフィシャル映像の上映など、物語やアニメーション作品の魅力に迫る展覧会を日本初会場として札幌で行われる。

[広告]

 会場内では展覧会限定オリジナル商品も販売される。また、「きかんしゃトーマス展」限定メニューがT'CAFE(JRタワー展望室T38内)に登場。トーマスカップパフェ(お持ち帰りマグカップ付き)などのカフェメニューがそろう。そのほか小学生以下限定でトーマスが住む「ソドー島」にまつわる謎解きクイズラリーも実施される。謎解きにクリアした子どもには参加賞(先着順・数量限定)が進呈される。

 担当者は「世界中で愛される『きかんしゃトーマス』の貴重な絵本原画や模型が札幌にやって来る。こどもから大人まで物語の世界観を楽しむことができる展覧会なのでぜひ来場を」と呼び掛ける。

 営業時間10時~19時(最終入場は18時30分まで)。11月23日まで。入場料は、一般=800円、高大生=500円、中学生会以下無料。

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…