見る・遊ぶ 暮らす・働く

江別で「おひるねアート撮影会」 赤ちゃんと一緒に作るアート写真撮影

撮影サンプル

撮影サンプル

  • 8

  •  

 「無料おひるねアート撮影会×お金の上手な貯め方の話」が10月8日・10日の2日間、いきいきセンターさわまち(江別市大麻沢町)教養講座室で開催される。

 「おひるねアート」とは赤ちゃんに背景や小物を撮影するアート写真のこと。体験会では横浜を中心に活動する日本おひるねアート協会認定講師ののづせいこさんが撮影のアドバイスやサポートを行う。

[広告]

 同イベントはプロのファイナンシャルプランナーが全国90社の保険会社のプランを照らし合わせ、来場者に合った保険のアドバイスなどをする相談会と、「おひるねアート」無料体験を合わせたもの。ファイナンシャルプランナーとの相談時間は20分で、おひるねアート撮影の持ち時間は1人10分。参加者には特典としてオンラインアバーサリーアートまたはラインスタンプ8個のどちらかを進呈しる。

 会場には体験アートが用意してあり、自身のスマートフォンやカメラなどで子ども写真を無料で撮影可能。撮影後、希望者はおひるねアート協会認定アーティストが無料で写真加工や文字入れのサービスを行う。毎回行っていた貸衣装は新型コロナウイルス感染症予防の観点から今回は行わない。

 のづさんは「オンラインアニバーサリーアートは後で写真を見返した時に、すてきな思い出になるよう、名前や身長・体重などの文字入れのサービスの利用をお勧めしている。おひるねアート無料イベントは機会が多くないので、この機会に体験してほしい」と話す。

 開催時間は10時~16時。要予約。

Stay at Home

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…