買う

札幌パルコが開業45周年に向け大規模刷新 ファッション発信拠点として進化

来春までに売り場面積の約60%を改装する「札幌パルコ」

来春までに売り場面積の約60%を改装する「札幌パルコ」

  •  
  •  

 「札幌パルコ」(札幌市中央区南1西3、TEL 011-214-2111)が2020年度の開業45周年に向け現在、段階的なリニューアルを行っている。

Izumida Leeさん「SAPPORO PARCO BRAND NEW DAYS」ビジュアルイメージ

 来春までに、売り場面積の約60%を刷新する予定。第1弾として今春、地下2階のフードコート「パルチカ Beats Eats」をリニューアルした。第2弾として今秋、地下2~3階ファッション売り場の大型改装を実施する。既存の「ユナイテッドアローズ」「トゥモローランド」「ジャーナルスタンダード」などセレクトショップ16店舗を全面リニューアル。「オニツカタイガー」「ダイアナ」「ポーカーフェイス」「フランフラン」などは、ライフスタイル提案型ショップとなる。9月12日「SHIPS」、9月20日「ニーム」の新店オープンも予定する。今後は、来春5~7階をリニューアルする予定という。

[広告]

 リニューアルオープンのビジュアルイメージとして、アクリル画の個展を中心にファッションブランドとのコラボレーションやライブイベントなどの活動している北海道出身のイラストレーター IZUMIDA LEEさんの作品を採用。「札幌の街で四季折々の色彩を感じてもらいたい、という思いから四季の色彩をビジュアルで表現した」(Izumida Leeさん)という。

 9月12日からリニューアルオープンキャンペーンとして、5,000円以上購入者先着500人に、Izumida Leeさんの作品をプリントしたオリジナルトートバッグの提供を予定する。

 同店営業課の庄野真知子さんは「今後も北海道を代表するファッションの発信拠点として、お客さまにお楽しみいただけるビルづくりを目指していきたい」と話す。

 営業時間は10時~20時。

  • はてなブックマークに追加

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…